飛行チケットをネットで予約する利点とは?

今やインターネットが普及し、航空券もインターネットで購入する人も増えました。
飛行機のチケット1枚の購入の仕方でもさまざま選択できる時代です。
飛行機チケットをインターネットで予約するとどんな利点があるのでしょうか。
また、旅行会社と比較してどちらがお得なのでしょうか。

■インターネットで飛行機チケットを購入する方法
チケットを購入する時は、航空会社の公式サイトから購入出来ます。

JALの公式サイトを開き、必要事項を選択します。
・航空券は往復なのか?片道なのか?選択します。
→帰る日程が決まっているのであれば往復の方が格安です。
・出発する空港と到着する空港を選択します。
・行き帰りの日程を選択します。
・クラスを選択します。

→JALなら一番安い普通席・席が広く少し高めなクラスJ・ファーストクラスの項目から選択することが出来ます。
・人数を選択します。
必要事項を選択し検索すると、選択した日程の時間ごとに空き情報の一覧が掲載されます。
飛行機チケットを購入する時は搭乗する日程よりもなるべく早めに予約するのがおすすめです。飛行機チケットは早ければ早いほど値段が安くなり、お得です。その場合、購入後の変更やキャンセルが出来ない場合もあり、高額な手数料がかかる場合がありますので日程の変更があるかもしれない場合は予約する飛行機のチケットをきちんと選択するようにしましょうね。また、搭乗する当日は空港で発券作業があるので早めに行きましょうね。

■インターネットで購入する方がお得なの?
インターネットで飛行機を予約する利点としては、何よりも気軽に飛行機チケットを購入出来ることでしょう。旅行会社に出向き、並んで予約するのは相乗以上に大変なので、今一番人気のあるスカイチケットの様なインターネットを上手に利用することが予約を快適に行うコツです。インターネットを使えば、夜中でもいつでも予約することが出来ますね。

最大手スカイチケットで飛行機チケットを購入する
・多くの飛行機チケットを比較・予約できる。
・アプリで簡単予約が可能
・サポート対応がとても親切

また、インターネットと旅行会社で扱う飛行機チケットは同じなので、パッケージなどで飛行機チケット代金が予め含まれている特殊なものの場合を除き、旅行会社でもインターネットからでも飛行機チケット代金は変わりません。

飛行機チケットを購入する時はチケットの特徴を把握した上で比較し、なるべくお得に旅行に行きたいものですよね。今週末飛行機を使って国内旅行をしたいとなれば、インターネットから手軽に予約できます。割引率が高い飛行機チケットを購入した場合、当日乗り遅れても変更が利かないので注意してくださいね。

飛行機チケットを旅行会社で予約する利点とは?

どこか旅行に行きたい!あなたなら飛行機チケットをどのように予約しますか?
何度も飛行機を利用していて予約した経験があればインターネットからの予約も出来ますが、飛行機の予約ってよくわからないし不安という人もいるでしょう。
そんな方は旅行会社を通して飛行機チケットを購入するのがおすすめです。

■旅行会社で飛行機チケットを購入する方法とは?
まず、旅行会社に行ったら、旅行希望日や時間、利用したい希望の区間などを伝えます。
旅行会社の人がその希望条件で飛行機チケットを探し、希望と合えば予約となります。
飛行機は基本的に発券期限がある為予約をしたらその場でお会計をする場合が多いです。お会計が終了すると“Eチケット”を発券してくれるので旅行当日空港に持っていき手続きをします。

そもそも“Eチケット”とは、航空券の1つとされ航空会社のシステムに記録されています。
飛行機チケットを紛失する恐れがなく、当日忘れてしまい乗れなかった…などといったトラブルを防ぐ役割もあります。今はほとんどの空港で100%近い普及率となっています。

“Eチケット”は、そのまま荷物御預り所に向かうわけではないので注意してくださいね。
一度自動check inにて「搭乗手続き」が必要となります。
「搭乗手続き」が完了したら荷物を預け、保安検査に向かうといった流れになります。

■旅行会社で飛行機チケットを購入する利点とは?
飛行機Ticketを購入する際は慣れない作業が多く、飛行機に修学旅行ぐらいしか乗ったことがない人はインターネットからだと、この作業があっているのかどうか不安になりますよね。旅行会社は希望さえ伝えればスタッフさんが親切に飛行機チケットを探してくれます。

安く行きたいと伝えれば安い飛行機チケットを選択してくれます。飛行機に空きがなくいろんな航空会社を探さなくてはいけない時もインターネットからだと探すのが大変です。旅行会社では、大手の飛行機チケットは取り扱っていますがLCCなどの格安航空券の取り扱いがない場合が殆どです。LCCなどを使って国内旅行を検討している場合はインターネットからの予約となります。

インターネットの時代といわれつつも、旅行会社の窓口だからこそ安心して予約できる場合もあります。わがままなお願いも真剣に探してくれるので希望を最大限いかした素敵な旅になること間違いないでしょう。飛行機チケットを予約する時は旅行会社がおすすめです。

飛行機チケットを購入する時の注意点

飛行機チケットを購入する時、実は注意したほうがいいことが沢山あります。何となく理解せずに飛行機を利用している人も多いのではないでしょうか。
知っているだけでお得に飛行機を利用できるので是非記憶しておきましょう。

■飛行機チケットを定価よりも安く購入した場合の注意点
飛行機でよくある搭乗日の○○日前なら飛行機チケットが安く購入出来ますよといった宣伝を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。
定価が4万円近くするものも、○○日前なら半額以下で利用することが出来るのでとてもお得です。でもこの割引運賃には注意が必要なんです。
・日程は変えられません。
→割引運賃の場合、日程の変更が出来ずに一度キャンセルをしないといけない場合があります。キャンセルも全額戻ってくるわけではないので手数料を差し引いた金額が返金されます。手数料は割引率が高いチケット程高い傾向にあります。

・乗り遅れた場合は変更できません。
→何らかの事情により乗るはずだったのに乗れなかったとしても、通常料金であれば対応してくれる場合もありますが割引運賃の場合は対応してくれず自分自身で再度予約を取り直す場合が多いので注意が必要です。

■その他にも飛行機チケットを購入する際はこんな注意点があります。
・飛行機チケットは予約から購入手続き期間が3日以内となっています。
その期間を過ぎても支払が確認できなかった場合、自動的にキャンセルになってしまうので注意してくださいね。

・マイレージ会員を上手に利用しましょう。
普段飛行機に乗ることもないし、マイレージなんてと思っている人も、15,000マイル貯めるとマイレージの特典を受けることが出来ます。国内だと中々たまらないかもしれませんがちりも積もれば山となります。

・期間限定で割引率の高い飛行機チケットが販売されるので活用しましょう。
通年使えるものから期間限定のものまで様々ですが、各航空会社の公式サイトなどに記載されるのでこまめに確認しておきましょうね。GWや年末年始などの繁忙期には使用できない場合もあるので行きたい日程と相談しながら上手に利用してみてくださいね。

飛行機は快適に現地まで行ける手段としてなくてはならないものです。
上手く利用すればとてもお得に飛行機チケットを購入することが出来ますし、キャンセル料金など知らないだけで損をするものもあります。
目的に合った方法で飛行機の旅を楽しみましょうね。

飛行機チケットって搭乗の何日前から予約できるの?

飛行機チケットを購入する場合、なるべく早い時期に予約をした方がいいのはわかったけどいつから予約が出来るのか知りたいですよね。特にGWやお盆、年末年始などの繁忙期は早い段階で予約をして前もって対応しておくことで定価より格安に予約できるので気になるところです。
いつから予約できるのか?どのぐらいお得なるのか見ていきましょうね。

■お得な割引運賃を上手に利用しよう。
割引運賃といえば「スーパー先得」や「早割」ですよね。
ANAなら「特割」や「旅割」でしょうか。
こういった通常料金よりも驚くほど安くなる飛行機チケットは通常の2ヶ月前の販売よりも早く予約開始し、人気の日時などはすぐに埋まってしまいます。お子様に関しては、実際の小児運賃と割引運賃の両方を確認した上で安い方が適用されるようになっています。

この先得や早割の期間は航空会社によっても異なりますが、3月末~10月末と10月末~3月末の2回に分けて発売される場合が多いと言われています。発売が開始されたら日程の変更などがない場合は早めに予約してしまいましょう。
また、こういった通常よりも早期で予約した場合も飛行機チケットの支払は3日以内(ANAは2日以内)と決まっていますので支払い忘れてしまいせっかく予約したのに取り消しになってしまってはもともこもないので気を付けてくださいね。

■通常は2か月前~予約が出来ます。
国内線の通常の発売日は2か月前のAM9:30で統一されています。
旅行会社で予約した時に「お席が取れたら連絡しますね」と言われたことはありませんか?飛行機チケットに関わらず繁忙期の予約だとこの時間に旅行会社が手配して予約しています。その為、予約の時点ではチケットが確約ではないのですね。
また、例外として往復便を購入して、復路が2ヶ月前より先になっていても往路の時期が2か月前の販売を開始していれば予約することが出来ます。復路は往路から数えて14日以内であることが条件となっています。
国内線は2ヶ月ですが海外のLCCなどは最長6か月前より予約できる航空会社もあります。それぞれの用途によって変わってくるため必ず公式サイトを確認するようにしてくださいね。

割引運賃の詳しい日程やスタート時期などは公式サイトでしか発表されないので適度に確認しておく必要があります。
人気のある時間帯として午前中~お昼前前後は埋まりやすく、希望通りに予約が取れない場合がありますので早めに確認しておきましょう。
比較的午後~夕方の時間帯は予約が皆さん出掛けたりしてるのか分からないですけど取りやすいみたいですね。

飛行機チケット当日券でお得に購入する

急な移動で飛行機チケットを購入するようになった時、空港に直接行って待つ人が
多いのではないでしょうか。これだと、長時間並ぶことになり重い荷物をもって移動するのは想像以上に大変です。飛行機チケットも通常料金なので正直高いしおすすめしません。急に飛行機チケットが必要になった場合もお得に利用できる方法をご紹介致します。

■当日券はインターネット経由での予約がおすすめ
当日早めに空港にいって長蛇の列に並ぶと大変ですよね。
手軽に予約したいのであればインターネットで当日予約が出来るサイトを上手に利用するべきでしょう。
24時間インターネットより簡単に最安値で予約できますし、さまざまな飛行機チケットの運賃を一括で比較拭出来るので急な予定も安心です。
支払方法もサイトによって異なりますがクレジット決済や振込、コンビニ払いなど選択できるので支払いが済めば後は当日空港に向かうだけで済みます。

振込やコンビニ払いの場合、支払期限があるのでそれを少しでも過ぎてしまうと自動的にキャンセルになり、再度予約が必要になります。当日便出発の便を希望する場合、支払期限が極端に短い場合もあるのできちんと確認してから予約をするようにしましょうね。
当日券は大手の航空会社でも対応しています。

例えば、ANAの場合は当日便出発の50分前まで予約することが出来ます。電話で簡単に予約するだけなので、当日の割引航空券を手軽に探すことが出来てとても便利です。当日便出発の○分前はサイトによっても異なり、90分前までの場合もあります。

■当日券をお得に手に入れる為にこんな方法も
意外な方法として航空会社の株主優待券を使うという強者も。株主優待券なら料金が半額になり普通運賃枠などで比較的予約が取りやすいのが嬉しいですね。
有効期限は発券から90日と長めなので、もし使わなくなった場合は手数料を支払うことで返金することが出来ます。
頻繁に飛行機に乗る人や、当日の飛行機で出張の時などとても便利ですよね。
お得なチケットを金券ショップに行って購入する人もいるようです。金券ショップなら他社にはない飛行機チケットの、意外な見つけものがあるかもしれませんね。

当日券もインターネットから予約出来るようになりとても便利になりましたね。
同じ飛行機チケットなら少しでもお得に利用したいものです。
日頃から当日券の予約がお得に利用できるサイトを探してブックマークしておくと慌てることがなく安心出来ますね。