サマースクールで留学する

サマースクールとはインターナショナルな合宿といった雰囲気のものです。
夏休みに活動のフィールドを海外に移して、外国の友達を作ったり、異文化を体験して、人間として成長する大きなチャンスとなるでしょう。
このプログラムは、夏休みなどの長期休暇中に、学生や生徒がいなくなった大学や私立学校の校舎と量を短期研修施設として開放してもらっていることが多いです。
ですから、短い間ですが現地のキャンパスライフを満喫することが出来るでしょう。
サマースクールの主催は、留学手配会社やサポート団体、語学学校が多いですが、なかには大学やカレッジによるものもあります。
対象年齢も小学生から高校生までと幅広いものとなっていますので、海外体験をすること自体への興味から留学を考えている人には一番参加しやすい気軽なものとなっています。
また、サマースクールにはもう一つ大きな特徴があります。それは、日本をはじめとして、さまざまな国から生徒が集まってくるということです。
そもそもこのプログラムは基本的に英語を母国語としない人向けとなっており、日本人に限らず英語初心者にまず進められるタイプの留学となっています。
最初はお互い何を言っているのか分からない状態ですが、アクティビティなどを通じて友情が生まれ、日に日ににぎやかな雰囲気になっていきます。
クラスや寮の部屋で一緒になる生徒の国籍はより多くの国の人と友達になれるようにとばらばらにしてくれることが多く、たくさんの国の人たちと友達になることが出来るでしょう。

author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です